資格外活動許可とは

資格外活動とは、就労が認められている在留資格や原則就労が認められていない在留資格(「短期滞在」「研修」は除く。)をもって滞在する外国人が、在留資格上の活動を行いつつ、その在留資格で許容されている活動以外の活動で収入を得る場合に必要となる許可です。

就労に制限のない「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」は資格外活動許可の許可を受ける必要はありません。また、資格外活動が許可されていない職種(風俗営業など)もあるので、事前に調べておく必要があります。

 


資格外活動許可のアルバイト可能時間

1週間のアルバイト時間:28時間以内

教育機関の長期休業中のアルバイト時間:1日につき8時間以内

 

資格外活動許可にかかる申請の手数料

無料

 

必要書類

1、資格外活動許可申請書

2、パスポート

3、在留カード

4、雇用契約書など

 

Q&A

どのような仕事ができるのか?

許可されていない職種(風俗営業など)以外であれば、コンビニやスーパーのアルバイトのような単純作業も可能です。

有効期限などはあるのか?

在留期限と同じ期限となりますので、ビザの更新や変更を行った場合には資格外活動の申請を再度行う必要があります。

アルバイト先を変更したが、資格外活動を取り直す必要があるか?

「留学」「家族滞在」「特定活動(継続就職活動)」のビザをお持ちの方は、その期間中に仕事先に変更があっても資格外活動を取り直す必要はありません。「技術・人文知識・国際業務」などのビザで資格外活動を行っている場合には、仕事先の変更ごとに資格外活動を取り直す必要があります。

決められた時間をオーバーして働いたらどうなるのか?

時間をオーバーして働いてしまうと、外国人本人については「1年以下の懲役若しくは禁錮若しくは200万円以下の罰金に処し、又はその懲役若しくは禁錮及び罰金を併科する」とされています。また、雇用側も「3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する」とされています。資格外活動の規定労働時間オーバーによりビザの更新や変更が許可されない場合もありますので十分注意が必要です。